コラーゲンはタンパク質の1/3を占め、弾力のある物質

  1. トップページ
  2. コラーゲンの役割と美容への影響
  3. コラーゲンの基礎知識

コラーゲンの基礎知識

コラーゲンは、タンパク質の1つです。私たちの体の中の約20%がタンパク質ですが、この中の1/3はコラーゲンで出来ています。特に肌の真皮と呼ばれる部分や、体の各関節、骨や軟骨、靭帯に多く存在しています。また、体の中の細胞と細胞をつなぐ役割も担っています。

コラーゲンそのものはプリプリとした弾力があります。体内の関節の軟骨や、靭帯などでは、この弾力を活かして、骨と骨がぶつかるのを和らげるクッションの様な働きをします。食品のなかではフカヒレや手羽先、鶏皮などに多く含まれていますが、いずれもプリプリとした食感が特徴の食べ物ですね。ゼリーの元になるゼラチンも、コラーゲンと元は一緒のものです。ですから、弾力のあるふっくらしたお肌というのも、コラーゲンがきちんと機能している証なのです。

新陳代謝によって、毎日体の中では取り込まれた栄養からアミノ酸を生成し、その中からコラーゲンを含むタンパク質が生まれています。しかし、20歳前後をピークに、20代、30代、40代と、体の中で作られる量も、体内に含まれる量も、減少していきます。特に、皮膚の真皮と呼ばれる大元の部分は、水分以外のほぼ70%がコラーゲン。これがなくなると、ハリや弾力を失った肌や体がしぼむ、たるむ、といった印象を受けるのです。

年齢による新陳代謝の低下は、ある程度は仕方がない部分があります。コラーゲンは日々作られにくくなり、体の中からなくなってしまうものなのです。美容と健康のためにも、効率のよい補給の仕方や、体内でのコラーゲンづくりを応援するような生活が必要になってきます。