肌のハリと弾力を保つためのコラーゲンについて

  1. トップページ
  2. コラーゲンの役割と美容への影響
  3. お肌の構造とコラーゲンとの関係

お肌の構造とコラーゲンとの関係

お肌は、表面にある表皮、その下にある真皮、皮下脂肪といった3つの構成で出来ています。このお肌の本体ともいえる真皮の部分は、水分を除くおよそ70%がコラーゲンです。たっぷりと新鮮なコラーゲンがある状態のお肌は、きちんと肌を支え、ピンとしたハリやツヤ、ふっくらした美しさを備えています。コラーゲンは、お肌の大黒柱のようなもの。しっかりとお肌の土台から、肌を保つために大切なものなのです。

コラーゲンが減少し、そのしっかりとした支えがなくなった部分の肌は、落ち窪んでしまい、シワやたるみとなって見えます。これが全体の「老けた」印象につながってしまいます。良質なタンパク質をとる、コラーゲンのサプリメントは吸収されやすいタイプを選ぶなどして、元気なお肌を取り戻しましょう。

コラーゲンは真皮という、普段外側からは触れない部分にあるため、表面につけるだけの化粧品では意味が無いのでは?という声も聞かれます。しかし、コラーゲンには水分を保つ保水・保湿効果があります。化粧水をした後、それを逃がさないよう乳液などをつけるようにしますが、そこにコラーゲン入りの化粧品を使うことで、水分を逃がしにくくなる効果が期待できます。また、低分子コラーゲンが利用されている化粧品では肌から吸収することも可能になってきています。内側からも、外側からも上手に活用して、若々しいお肌を保てるようにしましょう。