コラーゲンの種類とその仕組み、効果の違いについて

  1. トップページ
  2. 色々あるコラーゲンの種類

色々あるコラーゲンの種類

食事では十分な量を摂取するのが難しいコラーゲン。そのために様々な商品が登場しています。ここでは、原料や種類の紹介、原料別の特徴や加工の仕方による区別について紹介しています。

動物性と海洋性の違いや、分子量などの構造、話題の「低分子」とは?といったことについてもわかりやすく説明します。種類や仕組みがわかれば、どれを選んで良いのかと迷うことがなくなりますよ。

コンテンツ一覧

コラーゲンの原料と構造

サプリメントなどに利用されているコラーゲンは、一体何からつくられているのでしょうか?原料は、大きく分けて動物性のものと、海洋性のものに分かれます。種類や加工の仕方によって、実にさまざまなものがあることがわかります。

動物性のコラーゲン

豚足や手羽先などに含まれるのが動物性コラーゲン。純度やニオイ、カロリーなど、手ごわい条件もあるので、食べる時には気をつけたいことも多くあります。馴染み深い動物性コラーゲンを上手に摂るためのヒントを紹介します。

海洋性のコラーゲン

魚などにたっぷり含まれているのが海洋性コラーゲン。動物性より使い勝手がよく、吸収もされやすいなど、多くの利点があるため、最近ではこちらが主流になりつつあります。海洋性コラーゲンについて紹介します。

コラーゲンの「1型」「2型」とは?

コラーゲンと一口に言っても、実に30種類以上の違いがあります。コラーゲンは身体に多く含まれているものですが、そのうちで美容や健康に深く関わっているのが「1型」「2型」。関節痛に悩んでいる人にも必見です。

こだわりたいコラーゲンの「大きさ」

身体に是非とも補給したいコラーゲンですが、ただ摂取すればいいというものではありません。注目すべきは「大きさ」です。これを知ることで、より効率よく、上手に摂り入れられるかどうかが変わってきます。

低分子コラーゲンで効果を実感

コラーゲンをより体内に吸収しやすくするのが「低分子化」という技術です。多くの商品でよく見られるこの言葉の詳しい意味を紹介します。様々な商品を選ぶときにも、この「低分子化」をキーワードに選んでみてください。