低分子コラーゲンは身体に吸収されやすく即効性が高い

  1. トップページ
  2. 色々あるコラーゲンの種類
  3. 低分子コラーゲンで効果を実感

低分子コラーゲンで効果を実感

分子量が大きく、そのままでは吸収率の良くないコラーゲン。そのため、体内に吸収しやすくするために使われているのが「低分子化」という技術です。分子を小さく小さくすることで、吸収しやすくし、また素早く効き目が実感できるようになることから、多くのコラーゲン入り商品で使われています。

低分子コラーゲンの定義はあまり明確化されていませんが、分子量の約1/10である3000mg以下になると「低分子コラーゲン」という表記がみられるようになります。これをさらに細かくし、1000mgや500mgといった超低分子化したものも登場しています。

いずれも、元のコラーゲンの大きさより体内で吸収されやすいサイズになっています。500mgといった超低分子のものは、肌にも吸収されやすいほど小さくなっているので、化粧品などで取り入れようと考えている方は、皮膚から吸収される分子量の目安「700mg」より数字の小さいものを選ぶと、効果が高くなるかと思います。

低分子コラーゲンの効果が特に実感できるのが、即効性の高いドリンクタイプです。素早く胃腸から吸収されて、体の中にコラーゲンが取り込まれます。続けるには値のはるドリンクタイプですが、ぜひ取り入れたい!と飲む際には、コラーゲンの含有量とともに、分子量にも注目して、より高い効果を確かめてみてください。

超低分子化を実現した商品では、肌からコラーゲンを取り入れることも可能です。その際にも、どれくらいの大きさになっているのか、表記や数値にも気をつけて商品を選んでみてくださいね。