コラーゲンの主な原料とその特徴

  1. トップページ
  2. 色々あるコラーゲンの種類
  3. コラーゲンの原料と構造

コラーゲンの原料と構造

コラーゲンは、食事では十分な量を摂取するのが難しいので、それを補うためにさまざまなタイプが登場しています。粉末やサプリメントになっているコラーゲンは、より効率よく吸収できるよう工夫されており、低カロリーで補うことができます。また、食品の状態ではニオイが気になる場合もありますが、粉末やサプリメントの状態であればほとんどその心配もありません。

サプリメントやドリンクに含まれているコラーゲンの原料は何からきているのでしょうか。原料は、大きく分けて動物性と海洋性のものに分かれます。

以前は、牛骨などを原材料とした動物性のものもありましたが、感染症などの問題点があることから、現在ではほとんどが海洋性のものに切り替わりつつあるようです。

海洋性コラーゲンのほうが量・質ともに動物性のものよりもニオイが少ないことや、吸収されやすいなどの理由からも、よく利用されています。

コラーゲンはそのままでは体に吸収されづらい構造になっているので、様々な研究と工夫から、体に取り入れやすい大きさまで細かくする「低分子化」が行われています。また、コラーゲンには「型」といって、それぞれに種類があります。人間の体内に多く存在する「1型」と、年齢によって減少する「2型」の違いなども、知っておくと役に立ちます。

特に失われていく「2型」は、美容だけでなく関節痛にも効果のあるものですので、症状に悩む方は積極的に選びたいものですね。コラーゲンと一口に言っても、原料や形、種類など、さまざまにあることがわかります。