コラーゲンの分子の大きさで摂取効率が変わる

  1. トップページ
  2. 色々あるコラーゲンの種類
  3. こだわりたいコラーゲンの「大きさ」

こだわりたいコラーゲンの「大きさ」

コラーゲンを含む食品をそのまま食べても、なぜ身体にあまり吸収されないのでしょうか?ヒントは、コラーゲンの「大きさ」です。化学の時間にならった「分子」というものを思い出してみてください。様々なものの作りを細かく細かく追っていくと、分子と原子によって出来ていることがわかります。人間や動物の体も、この分子が組み合わさって出来ています。

さて、コラーゲンの分子は、そのままではなかなか吸収されづらいのが問題です。分子量が30~40万mgと大きく、しかもコラーゲン自体でプルプルと固まってしまう性質もあって、身体の中では吸収率がわるく、そのまま素通りしてしまうことも。

特に動物性のものは分子量が大きいので、実にもったいないことになります。皮膚から吸収される分子の大きさの目安が700mgなので、いかにコラーゲンの分子が大きいか、ご理解いただけるかと思います。

そこで、様々な技術と研究の結果、登場したのが「低分子」化したコラーゲンです。これは、体にとっては吸収しづらいサイズのコラーゲン分子を細かくして、身体から吸収しやすい大きさにまで小さくしたものです。

コラーゲンを効率よく体内に取り入れ、利用するためにはこの「大きさ」に配慮した「低分子」や「超低分子」「コラーゲンペプチド」といった表記を見逃さないようにしたいですね。同じコラーゲンでも、効き目の出方が違ってくると思います。