コラーゲンの型による違いとその効果

  1. トップページ
  2. 色々あるコラーゲンの種類
  3. コラーゲンの「1型」「2型」とは?

コラーゲンの「1型」「2型」とは?

体の新陳代謝に使われる重要なコラーゲン。コラーゲンにも様々な種類があり、それぞれの特徴があって、身体の中で使われています。全部で30種類以上もあるのですが、そのなかでも美容や健康について取り上げられる「1型」「2型」といった、二つの種類についてについて紹介します。

肌や内蔵にあるのは「1型」

体のいろんな部分に多く存在するのが「1型」のコラーゲンです。しっかりとした骨など、それぞれの組織や器官をきちんと働かせるためにあります。人体に含まれるタンパク質のうち、約1/3がこのタイプのものにあたります。

歳と共に減少するのが「2型」

「2型」のコラーゲンを構成するアミノ酸には、水分が多く含まれていることがわかっています。「2型」は軟骨を形成するのに大切なコラーゲンです。「2型」は年齢を経ると減少していきます。軟骨がすり減った結果、関節に水が溜まる症状があらわれたり、関節痛を引き起こします。

また、サプリメントなどに「活性2型」とあるものがありますが、これは特殊な技術により、性質が変質していないコラーゲンを指します。分解や処理をせずに抽出しているために、原料の持つ力を失うことなく、「そのまま」の状態を体に取り込むことができるのです。体内にすばやく吸収されて、関節に届きます。

そのため、特に関節痛などに悩んでいる人にはうってつけです。お肌の衰えも気になるけど、関節の痛みやきしみが気になるというときは、このコラーゲンに注目してみるとよいでしょう。