コラーゲンを料理からたくさん摂取するために

  1. トップページ
  2. 気になるコラーゲンの噂
  3. コラーゲンの選び方

コラーゲンの選び方

原材料は動物性か海洋性か?

コラーゲンは動物性か海洋性か、何から取れているものか、原料に注目してみましょう。おすすめは海洋性です。魚に含まれるコラーゲンは動物性より低カロリーで、効率よく取り入れられる、ニオイが少ないので飲みやすいなど、いいところが多いのが嬉しいですね。動物性を取る場合は、純度の高さやカロリーにも気をつけて摂取したいところです。

どれくらい含まれている?含有量をチェック

次に、取り入れる量を確認しましょう。人間が毎日必要とするコラーゲン量は約5000mgといわれています。これを目安にして選んでみるとわかりやすいと思います。ドリンクやサプリメントなどの場合、特に摂りすぎて病気になったりするということはありません。

純粋なコラーゲンには糖分はないので、太るということもありません。しかし、サプリメントのタイプによっては、他の美容効果を促進するアミノ酸やビタミンなどが一緒に添加されていることもあり、飲みやすくするためのフレーバーなどを含んで、多少カロリーがあるものもあります。表示をしっかりチェックするのは大切です。

コラーゲンの「大きさ」と続け方

分子量の大きなコラーゲンを取り入れやすくするために、低分子化する工夫が行われている商品は多いです。「低分子」「超低分子」などの表記をみかけたら、体に取り入れやすくしてあるんだな、と思ってよさそうです。

ドリンクタイプも、錠剤や粉末タイプも、それぞれ長所と短所があります。ただ、一度に大量の量をとるよりは、毎日必要な量をきちんと摂り続けるほうが、美容効果は継続できます。自分が続けやすい方法を選んだり、時には切り替えたりして、コラーゲンをきちんと体に補給していきましょう。