コラーゲンは本当に効果があるのかを考察

  1. トップページ
  2. 気になるコラーゲンの噂
  3. 本当はコラーゲンって効果がないの?

本当はコラーゲンって効果がないの?

「コラーゲンをそのまま飲んだり食べたり、肌につけても意味がない」というようなコメントを、雑誌や新聞、あるいはインターネットなどでご覧になったことがある人も多いと思います。

コラーゲンは、体内でアミノ酸になり、分解された後生成されて、また体内で活躍し始めます。しかしこれらが総て確実にコラーゲンになってくれているのか?というところも、そもそもコラーゲンそのものを飲み込んで効果があるのか?ということも、残念ながらはっきりとした実証がされていないのが現状です。

ただ、わかっていることはいくつかあります。

  • 体内には実に多くのコラーゲンが含まれていること
    (体中の全タンパク質のおよそ30%)
  • コラーゲンが失われると、肌や骨、軟骨などが衰え、老化が進むこと
  • 「2型」のコラーゲンは特に、年齢と共に減少しやすいこと
  • 元気に若々しく生きるために重要な役割を果たしていること

これらのことは、すべて科学的な研究に裏付けられた事実です。どんどん失われる一方であれば、若さも元気も保つことができません。身体の中に取り込まれて、それが再び肌や骨、軟骨などに到達して機能するには、それなりの時間や期間も必要です。

さらに研究や開発が進めば、より身体に即効性のある取り入れ方が見つかる可能性もあります。低分子化などの吸収されやすいタイプをじっくり、あきらめずに続けること。多くのサプリメントと同様に、次第に実感がでてくるはずです。